お見合いから結婚に持ち込むために

標準

挨拶についての注意と考察

 結婚するためにお見合いをするという人は、昔からたくさんいます。では、何を気をつければよいのかと言いますと、それは挨拶となります。 具体的に言えば、最初のお見合いのときに、約束の時間より前に行き、そこで相手のことを待ち、向こうが来たら名前を名乗って笑顔で挨拶するようにしましょう。 人間が初対面の相手から受ける印象は、実はこのときにウェイトが置かれているのです。 笑顔はあなたに対して心を開いているというサインになるものと考えるようにしましょう。

ファッションについての考察

 お見合いの席で無視できない要素の中に、服装があります。これは自分が好きだからと、奇抜な格好をしていくのはNGという意味です。 基本的にはスーツなど清潔感を感じさせる格好をしていきましょう。 女性の場合は、きちんと化粧をしておくのも大切です。これは何故かと言いますと、男性は女性の化粧を身だしなみの一つとして重視する傾向にあるからです。 とは言え、複雑に考えすぎると、当日緊張で動けなくなる恐れがあるので、そんなに気に病まないことも大切です。

会話内容に気を向けよう

 お見合いの席では会話にも気を遣う必要があります。これは自慢話などを控えた方が賢明なのを意味します。 何故かと言えば、初対面の相手からいきなり武勇伝を聞かされてもピンと来ない上に、独りよがりな人だと思われる危険性があるからです。 そのため、自分のことばかり話さず、相手の話を聞くことも大切です。共通の趣味があるならば、その話題を中心とすれば盛り上げることが簡単になります。 基本的に楽しく話せるようにしましょう。

結婚相談所というと敷居が高く思われがちですが、様々なタイプがあります。昔ながらの仲人さんを介したお見合いだけでなく、データ化されたプロフィールを自分で検索して、相手にお見合いを申し込むこともできます。