結婚式場でできるサプライズ

標準

電報を利用してみよう

 結婚式は非常にめでたい席です。そのため、日頃はあまりやらないようなことをサプライズ式にやっても許容される傾向にあります。 では、何をやれば驚かれて喜ばれるのかと言えば、電報を利用するようにしてみましょう。 これは式の最中に新郎新婦を祝福する電報が意外な相手から届けば、誰でも驚き、そして喜びます。 このサービスを利用するときのポイントとしては、直前に予約するのはNGだから、前もって準備しておくこととなります。

プレゼントを贈ってみよう

 新郎新婦が前から欲しがっていたものをリサーチしておき、結婚式場にサプライズでそれを届けるというものも驚きと喜びを持って迎えられる傾向にあります。 これは当日に持ち込もうとすると、いろいろと面倒が生じるので式場に話を通し、そこの倉庫に保管してもらうようにしましょう。 なお、式場での保管を断られた場合は、宅配業者と配達時間についての打ち合わせをするようにしましょう。 この種のサプライズはタイミングを逃すと効果が薄れるのを意識しましょう。

ビデオメッセージを届けよう

 近年の結婚式では映像を演出として用いるケースが増えています。これは専門家が作るのが一般的で、映画のワンシーンのような風情があります。 そのため、サプライズでビデオメッセージを届けるという演出は、非常に人気があります。ただし、準備期期間が必要なので、3ヶ月以上前から制作に着手するというのが一般的です。 プロの手を借りずに、自分の手でそれを制作するという人もおり、その場合はパラパラ漫画を手書きで作ったというケースがあります。 いずれの場合にしても、準備に時間を要するので、早めに手をつけましょう。

長崎で二次会を行う際には、アクセス性や収容人数、費用など、様々な条件を考慮しながらスムーズに会場選びができます。